アフィリエイトリンクの数はSEOに影響するか!?

スポンサーリンク




概要

SEO対策について色々と調べていると、外部リンクの数が多いとSEOで不利、という記事が散見されました。有効な被リンクは効果的だけど、外部への発リンクは評価が下がる原因となるというものです。どうも外部リンクの数が多いとサイト評価に影響する”らしい”です。

そのため、外部リンクに”nofollow”を付け加えて、リンク先を評価しないようにするといった対策方法も紹介されていました。

そこでSEO対策に効果的とあったので、”nofollow”は面倒だったので試していませんが、アフィリエイトリンクの数を減らすことにしました。

検証

当サイトではありませんが、運営1年ほどのサイトで、アクセス数は言えるような数字ではありません(笑)。実験前まではアフィリエイトリンクの数は記事の外にバナータイプをパソコン用で4つ、その下に説明としてテキストを4つ、スマホ用でバナー2つでした。ちなみにスマホ用の一つは下部のオーバーレイ広告です。

変更後はテキストタイプをサイドメニューに1つ、記事内で2つに減らしました。バナータイプよりテキストタイプの方がクリック率は高いとのことだったので、テキストメインにしました。

気になる結果は・・・

変わりません!!!

変更して2ヶ月以上経ちますが、アクセス数の増減は変化がありません。増えもしないし、減りもしない、つまりリンクの数はサイト評価に影響しませんでした。もちろんアフィリエイト広告ばかりのサイトでは見た目が良くないので、人間の目からの評価は下がるかもしれませんが、少なくともGoogleからの評価は変わりませんでした。

それでも極端に多すぎる、例えば何十個とリンク数があったらさすがにGoogleは異物と判断するかもしれませんが、10個程度では大差無いようです。

また記事内にも、記事に関連したリンクを10個くらい入れて1ページの合計で20個くらいになっていたこともありましたが、こちらも影響無しでした。

テキスト広告の方が効果的!?

ちなみにバナータイプよりもテキストタイプの方がクリック率が高いという記事も散見されました。理由としては、テキストタイプの方が記事に溶け込みやすいので、クリックしやすい。バナーだとあからさまに”広告”という感じがして、警戒されてしまう。特に女性だとそれが”広告”だと分からないことも多いので、その下にテキストタイプで説明文のアフィリエイトリンクを追加すると効果的である、とされています。

実験結果のようなものも記載されていたので、信憑性が高いと思って試しましたよ!

結果は・・・

全く変化無し!

バナーでもテキストでもクリックされないものはされません。推測ですが、テキストに変更して効果があったサイトは、それまでバナーに問題があったのでは無いかと思う。動く鬱陶しい広告とか、訴求力が弱いとか。

少なくとも一般的に通用する概念では無いことは判明しました。

グーグルアドセンスは?

ついでですが、アドセンスをグーグル自身はどう判断しているのか気になりました。外部リンクには変わりありませんが、どっちに影響するのかということです。つまり良く捉えられる考えとしては「グーグルは自社で配信している広告が掲載されているページを優先的に表示させたい、アドセンスが貼られているページは高く評価するのではないか」という非常に穿った見方です。悪い捉え方は外部リンクの一つとして捉えられ、ネットで散見される”外部リンクが多いと評価が下がる”という理屈に抵触するのではないかということ。

ついでだったのでアドセンスを全く貼っていない期間が半年くらいで、アドセンスを最大の1ページ3つ貼って2ヶ月くらい比較しましたが、特にアクセス数に増減は見られませんでした。良くも悪くも評価はしていないようです。

結論

アフィリエイトリンク数については、10個程度ならサイト評価に影響はしませんでした。それ以上は試していませんが、何十個でもなければ悪影響はほとんど無いのではないかと思います。また、筆者としてはアフィリエイトリンクが多すぎるサイトは結果的に外観も目障りになって、それが原因で直帰率に影響を及ぼしてサイトの評価が下がる、という理論は有り得ると思いました。ただ直接的にリンク数が悪影響となることは無いという印象です。

ちなみに!余談ですが既述の理由からアフィリエイトリンクを連続して記載するのも問題があるのでは?と思い、こちらも試しましたが特に変化はありませんでした。サイトを紹介する場合などリンクを列挙することはあると思いますが、リンクを連続しないように工夫したりしてもページの評価に影響は無かったです。

ということで筆者の環境ではアフィリエイトリンク数はSEOに影響は見られませんでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする