ドコモの解約方法とタイミングなど

タブレット「Xperia(TM) Tablet Z SO-03E」を利用中の筆者が、更新月が近づいたので解約方法やどのタイミングですると効率的か、という点に関して「ドコモ インフォメーションセンター」に確認したので紹介します。

スポンサーリンク




解約のタイミング

ほとんどが2年縛りの契約だと思います。筆者のケースでは「My docomo」で確認すると契約満了月が2015年8月となっているので、解約は同年9月中にすることになります。dアニメストアだけが目的で回線契約したので、一刻も早く解約したい!と考えていたので、最も効率的な方法を聞きました。

結論としては9月の1日に解約すると、最も出費を抑えることが出来ます。ドコモの回線の場合、1日だと”前日まで”の料金が確定します。つまり8月31日利用分までです。9月1日の0時を回ってからデータ通信をOFFにして一切利用せず、そのまま解約手続きが完了すれば9月分の請求が来ることはありません。※ただし、ここではタブレットの利用でデータ通信のみを想定して聞いていますので、通話回線の場合は不明です。

筆者は基本的にWi-Fiでしか使用しないので常時データ通信はOFFにしていますが、この解約方法だと9月の利用料金を払わずに済みます。日割りにならない料金もあると思うので、便利な制度です。なお、MNPだと事情は変わってくると思います。

どこで解約?

解約場所はドコモショップなどの店舗になります。インターネットで手続きが出来ると便利なのですが、無理なようです。

持参物は免許証などの身分証明書と回線の番号が分かれば問題ないとのことです。端末やSIMも不要でした。この点に関して、SIMは貸与品なので返却が必須条件となっています。同センターでもSIMは返却が必要と案内されましたが「絶対ですか?」と聞くと、絶対とまでは言えないようで「紛失した」とでも伝えればそれで良いそうです。※一応オフレコでお願いします!色々と調べていると、最近の流れとしてSIMが無いとOSやアプリのアップデートが出来ないことがあるので、返却が”絶対”では無くなってきているみたいです。それでも公式では返却が解約条件となっているので、あまり堂々と返却を拒否するのは問題がありそうです。

dアニメの手続き

dアニメなどの有料コンテンツを継続利用したい場合の手続きは二通りあるようです。

  • ドコモショップでの解約時に「docomo ID」の引き継ぎが出来るので、そこでクレジットカードへの支払い方法変更が一緒に可能。
  • 解約が完了すると「My docomo」で「docomo ID」の引き継ぎ画面とコンテンツの支払い方法の画面が表れるらしいです。

これに従って手続きすればdアニメも継続利用することが可能で、筆者の例で言えば9月に変更すると9月分の支払いは通常通りに回線利用料金としてdアニメ分のみの請求が来て、10月はクレジットカードに直接dアニメストアから請求が来るそうです。

デザリング

公式サイトではデザリングの利用はspモードの契約が必要と記載されていますが、解約後でも利用可能か聞いてみました。この回答は曖昧なのですが、どうも出来る端末と出来ない端末があるらしいです。筆者としてはそもそもspモードが前提条件だと考えていたのですが、そうでも無いようでspモードの契約が無くても、動作保証はしないけれどデザリングが可能ならそれで問題無いとの趣旨でした。

まとめ

筆者の環境で恐縮ですが、月々サポートも8月まで適用されているのでサポートが切れて端末代が全額請求来ることも無かったです。新規で契約と同時に端末を購入している場合は同様に考えられると思います。

1日に解約することでその月は基本料金などは掛からないので、解約方法としてはベストと言えます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする