ドルチェグストは美味しい??購入してみたレビュー

スポンサーリンク




評判は上々

ドルチェグストと言えば、家庭で気軽にカフェコーヒーが飲める代名詞として有名です。正式には「ネスカフェ ドルチェグスト」ですが、細かい説明は省きます。

ネットでの評判は肯定的な意見が多く、お店で飲むよりも安く同等の味を楽しめるとの評価も多いです。コーヒーをよく飲むので試しに買ってみました。購入したのは「ドルチェグスト ミニミー」というモデルです。なお、幾つかのモデルが発売されていて選択に悩むところですが、価格と性能のバランスが取れているのはこの機種だと思います。購入したのはソフマップで7,000円弱でした。

他にも似た様なものとして「ネスプレッソ」、「バリスタ」、「スペシャル.T」が挙げられます。一つ目は主にエスプレッソ用、二つ目はインスタントコーヒーを美味しくする用、三つ目はお茶用と筆者は解釈しています。ドルチェグストでもエスプレッソはカプセルにあるので、比較して最終的にこれに決めました。

また、当該ラインナップは専用カプセルが必要ですが、筆者は購入時点で「レギュラーブレンド カフェインレス」以外は全て飲みました。簡単な感想は後述します。

肝心の味は?

最も重要な美味しさですが、正直なところどれも”普通”の域は出ません。一番近いと感じたのが、ファミレスなどにあるドリンクバーのコーヒーマシンで、その場で豆を挽いてから抽出するタイプがありますが、その味に似ていました。それなりに美味しいですが「めっちゃ美味しい!」とまでは言えないレベルです。

コンビニコーヒーも同じ様なものですが、いずれも原価は数円~高くても数十円程度でしょう。それを考えると、どうしてもカプセルの値段は高く感じます。

メリットとデメリット

実際に使ってみてメリットとデメリットをまとめます。

メリット

手軽

これが一番の利点だと思います。とても簡単な使い方で、タンクに水を入れる(タンクは着脱式)→電源を入れる→少し待ってから準備完了、目盛りを合わせる、カプセルをセット→抽出レバーを倒す。だけで、飲めるまで1分~2分程度でしょう。ちなみに分量はお好みですが、カプセルに目安が記載してあるので迷うところはありません。

バリエーションが多い

カプセルの種類が多く、すぐには飽きないと思います。ただ残念ながら価格にバラつきがあり、倍くらいの差が出ている商品もあります。カプチーノなど基本的に糖分やミルクが入っているものは2つのカプセルを使用します。

デメリット

ゴミがかなり面倒

これは予想以上でした・・・。使用後のゴミがかなり体積を食います。そして内部に水分がいつまでも残っていて、ポリ袋に使用済みのカプセルを10個程入れていたら水分が100mlくらいは溜まっていました。また、細かい分別が必要な地域では分解が相当面倒だと思います。

音が大きい

部屋全体が微振動する感覚です。音も大きく、かつテーブルから床に振動が伝わるので、集合住宅では時間帯に配慮する必要がありそうです。

カプセルレビュー

実際にほぼ全種類飲んだ感想を”超”簡単に書きます。簡単な理由はどれも特筆すべき点は無かったからです。なお、特記無き場合はいずれも商品説明にあるオススメの目安量です。

  • レギュラーブレンド(ルンゴ):やや苦め、普通。
  • モーニング ブレンド(グランデ アロマ):香り良し、味もちょうど良い。これが一番マシで、一杯あたりの量も多いので価格とのバランスも取れています。
  • マイルド ブレンド(ルンゴ マイルド):酸味がやや強い、普通。
  • アイスコーヒー ブレンド:ホット派なのでホットですが、氷で薄まる分も考慮して目盛り6程度でちょうどでした。※通常は目盛り3。あまり美味しくない。
  • ロースト ブレンド(ルンゴ インテンソ):苦い、普通。
  • エスプレッソ:普通。
  • エスプレッソ インテンソ:苦い、少ない、濃い。
  • カプチーノ:甘みは少ない、カフェの味に近いが普通。
  • ラテ マキアート:甘みは少ない、特に美味しくない。
  • ティーラテ:ミルクティーのようで割と美味しい。
  • チャイティーラテ:シナモンの味がして割と美味しい。
  • 宇治抹茶ラテ:普通、特に美味しくない。
  • チョコチーノ:ただの甘めココア。

で、物置へ

一通り試して、リピートはしていません。飲みきった後は本体を物置に直行でした。とても”ウチカフェ”とは言えず、例えるなら本当は和牛を食べたいけれど特売品の輸入牛肉で手を打つ感じです。時間効率を考えるなら悪くは無いですが、コストパフォーマンスも良くないので決してお店の代わりにはならないという結論です。

筆者が購入した機種→MD9770-RW

購入した店舗→ソフマップ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする