WordPressのテーマをTCDからSimplicityに変更したワケ

このサイトではありませんが、以前までWordPressの有料テーマ(テンプレート)として有名なTCDの”Chill”を使用していました。Gorgeousも購入しましたが、こちらはサイトカラーの変更が初心者には容易では無く、デフォルトだとどのサイトも似通ったデザインになってしまうので使用していません。

何故、有料のTCDから無料のSimplicityに変更したのかを解説します。

スポンサーリンク




アクセス数がひどい!

まずTCDのChillを使用してから半年ほどアクセス数の推移を見ていましたが、まぁひどいものです。1日数件と、やる気も失せる内容でした。これよりさらに前にホームページビルダーでサイトを作成していましたが、そっちの方がまだアクセスはありました・・・。

そして原因を調べる

あまりにアクセスが無いので、さすがにテーマに問題があるのではないかと思いました。ホームページビルダーで作っていた時は、当該サイトよりも内容は薄いにも拘わらずビルダーの方がアクセスがあり、また執筆者は変わらないので問題点を考えることにしました。

そして調べたところ良いことしか書いていない!まぁデメリットとか悪いところはほとんど出てこないのです。工作機関でも暗躍しているのか?と思える程。そんな中こちらのサイトでは有力な問題点が指摘されていました。ちなみに筆者はほとんどHTML関連の知識は無いのであしからず。

このサイトに依れば、hタグの使い方がおかしいとされていました。要は重要で無い部分を重要だとGoogleなどの検索エンジンに伝え、本当に重要な部分は強調されていないとのことでした。知識の無い筆者でも、理由を見ると納得出来る内容でした。

その後に筆者のテーマでも確認してみると、確かに同じ様な使い方がされていました。そこで頑張って修正しようと試みましたが、よくよく考えてみるとテーマがアップデートされたらまたやり直さないといけない・・・それに少し修正してみましたが、変な表示になっていたりで不具合が起きても直しようが無いことを悟り、あえなく断念。

有料から無料へ

筆者が書いた別の記事でも言及していますが、Simplicityは無料ですが有料と遜色無い作品です。TCDのChillは初心者でも簡単にデザインカラーを変更出来る点や、ウィジェットがスマホ用でも別管理出来たり、設定面では満足していました。しかしサポートがすごく冷たい・・・。

iTunesのアフィリエイトで「</footer>の上にコードを挿入するようにと指示があったのですが、Chillだとこの記述が見当たりません。そこで下の方の大丈夫そうなところに挿入してみたのでこれで動作など問題無いか確認してもらえませんか?」といった趣旨の内容を丁寧に聞きました。そしたら「サポート対象外なのでサービス提供会社に問い合わせてほしい」とのこと。

いやいや、ただ単にサイトのソースを見て他の部分に影響を及ぼさないか確認するだけで、恐らく1分以内に終わる作業です。メールで断りの文句を書くよりも早く終わる可能性もあります。にも拘わらず、完全に投げるってどういう了見なのだろう。

サポートは最低限しかしないことが明記されているのは知っているけど、ここまで簡単な作業を断るとは思いませんでした。iTunesではHTML5での記載を想定していて、XHTMLは想定していなかったようで問い合わせましたが、まさに「釣った魚には餌をやらない」状態でした。

そこでアクセスも増えないし今後もサポートは期待出来ないのでSimplicityに変更することにしました。TCDはデザインが優れていて良かったのですが・・・。

効果は?

肝心のアクセス数の効果ですが、変更後は間違いなく増えました。まぁ微々たるものですが。一番顕著だったのが”検索クエリ”の向上です。グーグルのウェブマスターツール内にある検索クエリの数が圧倒的に増えたのは確実です。推測ですがhタグが正常になってGoogleがサイトの評価を適切に出来るようになったことに起因するのだと思います。検索クエリの増加は2週間程度から見られました。

推察ではTCDはデザインは素晴らしいですが、その他の部分は検索エンジン向けでは無いのだろうと思います。WordPressのテーマを色々と調べていて気付いたのが、TCDを推す記事はあるけれどTCDを使っているサイトは目立たないということです。TCDのデザインは一通り見て確認したのですが、”TCD以外のサイト”を検索、つまりキーワードでTCDを除外するとTCDのテーマを使用していると思われるサイトはほとんど上位に表示されていないようでした。唯一、印象に残るのは「ネタワン」様だけです。それ以外は賢威が多く見られて、TCDの特徴的なデザインで「TCDだとこんなサイトになるんだ」と思えるようなサイトは検索しても表示されませんでした。

つまり、よほどネタワン様のような充実した内容ならまだしも、普通のサイトでは到底上位表示されない可能性が高い、と判断しました。

Simplicityは名前の通り、シンプルな作りで検索エンジンに適切な形で情報を伝えることが出来るとされています。一方、TCDはhタグの使い方が変なので、テーマ変更時は全ての記事でhタグの階層を一つ上げる作業が必要になりました。

また、TCDの公式サイトに依れば「充実のSEO」として

充実のSEO機能。投稿ページごとにmeta title,descriptionを設定可能に

※公式サイトより引用

との謳い文句があり、SEOに強いんだ!と期待していました。その他にも別のサイトではこのテーマの作成者様はSEOに精通している人なので、テーマには十分なSEOが散りばめられているハズ、なんて希望的観測の見解もありました。

それでmetaについて調べたところ、Googleの社員が「あっても無くても評価には影響しない」と明言していて、実際にその方は自身のブログでは記述していないとのこと。

う~ん、Googleの社員が関係無いって言ってるのにSEO効果なんて本当にあるのか?と眉唾ですし、それを”SEOに効果のある”と宣伝文句の代表にしている時点でこのテーマはSEOに効果が無いのではと思いました。

何より、SEOに強いとされる「STINGER」だとアクセスが増加したという記事は多く見られましたが、TCDに変更してアクセスに変化があったという記事は全くと言っていいほど見つけられませんでした。

結論

そして行きついた結論は、TCDはSEOに対して効果的では無いということ。それは筆者が別のサイトで実験した結果が物語っています。比較検討した末、TCDよりもSimplicityの方が優れていると判断しました。

ネットでTCDを推しているサイトの大半は賢威と同様にアフィリエイト収入目的だと思います。TCDはアフィリエイトの料率が高いらしいので。本気で推薦するくらいならその効果を示してほしいものです!

今まで十分なアクセスを稼いでいたサイトはTCDに変更しても、恐らくそこまでアクセス数に変化は見られないでしょう。既にサイトの評価が確立していれば、よほど致命的なテーマへの変更でも無い限りは評価は揺らがないでしょうから。しかし新規でサイトを始める場合は構造的欠陥もあり、検索エンジンからは良い評価を得られない可能性があります。筆者が実際にそうでした。

ということでデザインを優先するならTCDシリーズは国内ではトップクラスだと思います。管理画面も見やすく、”何も問題が生じなければ”初心者でも扱える素晴らしいテーマです。しかし”サイトを見てもらう”の観点からすれば疑念を感じざるを得ません。まぁあくまで個人的見解ですが(笑)。

何かメリットとか良いことしか書いてないのって嫌いなんですよね。そんなことこの世に存在するわけ無いのに。だから敢えてこの記事を書きました。賛否両論あってこその正当な評価だと思うので。貶めるような評論では無いのでご了承ください。TCDを使っていた半年間はアクセスが絶望的だったけど、Simplicityに変えて少なくとも1ヶ月ほどで実感出来る程の変化があった、というだけの話です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする