キッチン排水口のぬめりやつまりが劇的に減った!その簡単な方法とは?

キッチン排水口のぬめりやつまりが劇的に減った!その簡単な方法とは? トラブル対策・対処法関係
この記事は約10分で読めます。

キッチン(台所)排水口のぬめりやつまりに悩まされている人も多いのではないでしょうか?掃除をしても数日後にはぬめりだし、夏や梅雨時期にはさらにその期間も短くなり掃除も面倒に。

理想は毎日のように掃除することだと思いますが、そんな面倒なことはできない!可能な限り掃除はしたくない!!でも掃除しないで放置するとつまるし、なんかいい方法ないの!?ってことで、筆者が色々試して行きついた答えを紹介します。というより掃除とか対策じゃなくて、あまりにも簡単なことで解決しました。排水口のゴミ受け(排水栓カゴ・水切りカゴ・流し台バスケットなど)のぬめりやつまりにお悩みの方必見です!!

ちなみに排水は排水受けがあるあたり、排水は水がたまっているあたりや側溝などを指すようです。
スポンサーリンク

とにかくぬめりが早い・・・

筆者宅ではカビが生えやすかったりとあまり衛生環境が良くないこともあって、とにかくぬめりが発生するのが早い。雑菌が繁殖するのが原因だと思いますが夏場だと掃除した2日後くらいにはぬめりだし、1週間で排水口のゴミ受けが目詰まりをおこし流れにくくなることも。幸いなことに臭いはほとんど無く、排水パイプの方はつまりません。あと料理はたまにする程度で普段は食器洗いが中心。

掃除をしないでいるとぬめり、つまりだし、掃除をしても黒カビは完全には取れなくなる。周囲の排水トラップのあたりもカビで汚染されます。面倒なのが長芋を洗ったときに必ずつまること。おがくずとか野菜に付いている土、ぬか漬けだとぬかを流すとつまるので毎回料理を中断することになって嫌だったんです。というよりこれが普通だと思っていました、あのトキまでは・・・。

「もっと頻繁に掃除すればいいじゃん!漂白剤かけるだけでしょ。」って人も多いと思いますが、実は漂白剤(塩素系、ハイターなど)は目に入ると失明する可能性がある危険物質だってことはあまり知られていません。水回りですから掃除の過程ではねて目に入ったり、服についてその部分を手で触って目をこすったらアウトです。目に入れば15分以上の洗眼は必須、その後に眼科の受診が必要とされる成分です。あれは気軽に使っていいものではありません。前は使っていましたが・・・。

排水口のぬめり対策といえば?

排水口のぬめり対策といえば、排水口に入れて除菌効果が長続きするようなものがあります。塩素系もありますが

これは安全性が高いもので1年くらいずっと使い続けていたのすが、それでも1カ月もすれば掃除が必要でした。他にも重曹とクエン酸(お酢)でもキレイになると紹介されることが多いですが、あれは全然キレイにならないです。あとはアルミホイルを丸めてゴミ受けに入れたり、10円玉を投入っていうのもあります。

筆者はキッチンシンクを掃除するときは

  1. ゴミ受けを外す
  2. 洗濯用洗剤を入れて、シンクにゴミ受けが浸るくらい水をためる
  3. たわしや使用済み歯ブラシでこする
  4. 一度水を捨てて、洗剤を入れ水をためてシンク全体を使用済みスポンジでこする(細かい部分は歯ブラシで)

というスタイルでやっています。これは安全性が高くゴミ受けの汚れも落ちて、シンクの石鹸カスもだいたい落ちるのでオススメです。使っている洗剤は

掃除専用で使用。洗面ボウルに使うとピカピカに輝きますし、排水パイプのつまり防止にも効果的です。この洗剤の活用法を書いた関連記事はこちら。

排水溝の詰まりを解消するには"アレ"を使うと簡単!
排水溝は徐々に流れが悪くなって、気付いたらほとんど流れなくなることがあります。それを簡単に防止、そして解消する技を紹介し...

ただこれでもカビが色素沈着している場合は落ちないです。特にプラスチックの部分は絶望的です。

そして運命の出会い

プラスチックの黒ずみは諦めていましたが、頻繁につまるのはかなり面倒です。そして見つけたのがこれ。

いや~これはすごいです。このゴミ受けに変える直前までぬめりが発生していたのに、変えたら2か月以上全く掃除なしでもほとんどぬめりはなしです。長芋洗ったときにつまっていないか外してみるのですが、目詰まりはほとんどなしでキレイ。プラスチックの部分があるのでそこは1か月くらい経つと少しぬめりはあるのですが、それでも水と手で触っているうちに落ちるほど。

使ってみて分かったのは、排水口のぬめりやつまりの原因はゴミ受けがプラスチックなことです。ステンレスに変えただけで、ゴミ受けはぬめりやつまりから解放され、周囲の排水トラップのあたりはカビもかなり減ります。前は水の流れが悪くなった頃に掃除するのを目安としていたのですが、今はつまらないので掃除を忘れるほど。

一番効果があるのは銅製なようですが、ステンレスでも劇的な効果があります。排水口のぬめり対策など不要になります。もっと早く変えれば良かった・・・。筆者が購入したのは目詰まりしにくい構造になっていて、単身世帯向けのアパートでよく使われるタイプ、Amazon内のレビューにプラスチックのものとサイズを比較した写真がありました。

ゴミ受け」で検索するといくつかのサイズが出てきますので、ご自宅のサイズを測って購入すると良いでしょう。

注意点としては排水トラップに水がたまっているので、そこまで下の部分が到達しないと排水溝から臭いとか恐怖の”G”が上がってくるのでサイズ確認は重要です。

まとめ

プラスチックのゴミ受けをステンレスなどの金属製に変えるだけで、掃除の頻度は劇的に減ります。プラスチックの比じゃないです。これ自体がぬめり防止に貢献するので、予防や他の対策グッズも考える必要がなくなります。キッチン排水口のぬめりやつまりにお困りの方は試す価値アリです!

※効果には個人差があります。ちなみに賃貸の場合はプラスチックの方も保管しておいた方が良いかもしれません、退去時に指摘される可能性があるので。

タイトルとURLをコピーしました