洗濯機のふたセンサー故障を自分で修理する

洗濯機のふたをロックする部分のセンサーが故障し、エラーが起こり脱水が始まらない状態になりました。初めの方は”スタート”と”一時停止”を何度か押したり、一度電源を落として再起動すると問題無く動いていたのですが、徐々にエラー表示が消えなくなり不愉快になってきたので自分で直すことにしました。

機種はSANYOの「ASW-42S7」で縦型の全自動タイプ、使用期間は10年程度、他に不具合は無しです。

スポンサーリンク




まずすること

故障やエラーが見られる場合、まずは電源コンセントを抜いて5分程度放置して、完全に電気を遮断することに依って改善されることがあります。これはメーカーに対応を聞いたのですが、説明書では時間についての指定はありませんでした。しかしメーカー側では確実にするため5分以上はコンセントを抜いてほしいとのことでした。それでも改善は見られなかったので次の手順に進むことにしました。

メーカーの対応

メーカー側の対応としては上記のコンセントに関することと、「バカにしてんの?」とも思いましたが、洗濯物が蓋に挟まっていないかの確認。当然ながら使用方法に問題は無いので、センサーエラーでふたが閉まっていても開いていると誤検知している可能性が高いという結論でした。自分で修理する手段は無いかと聞いたところ、修理を依頼するしか方法は無いとのこと。

しかし!修理を依頼するのも面倒だし、何より2万円程度は掛かると言われたのでとりあえず保留。そして10年くらい使っているし、どうせ修理にお金を出すのなら自分で修理を試みてからでも良いのでは?と考えました。というより修理で2万円出すなら新しいの買った方が建設的だと思う!

そして自分で修理を試す

電気関係には全く詳しくない筆者ですが、調べたところ縦型の洗濯機はそこまで構造が複雑では無い模様。ちなみに大変参考になったのはこちらのサイト。基本的に縦型の洗濯機だとふたの裏面に配線図が書いてあるようで、筆者環境でも確認出来たのでそれを見比べながら実行しました。

電源コンセントを抜く

当然ですが、感電の危険性があるので通電は止めます。

ネジを外して上部を取る

これは機種に依って若干の違いはありますが、見ればすぐに分かります。ただ通常だと洗濯機は壁側にあるのと、裏側にもネジ穴があるので女性の場合は難しいかもしれません。傾けるとそんなに力は使わなくて済みます。

いよいよ分解!

これも機種の差が大きいと思うので、柔軟に対応するしか無いと思います。筆者は数時間掛けて色々試しました。ロック部分のプラスチックが噛み合っていないのかもと考えバネを調節してみたり、ロックスイッチを分解しようと試みたりしましたが、上手くいかずに断念。

そして思案した末「ふたが閉まっているのに開いていると誤検知するわけだから、常に閉まっていると認識させれば良い(つまりふたロックセンサーを無効に)」という結論に達し、”上フタスイッチ”と”ロックスイッチ”の配線をそれぞれ切断してその後直接結ぶことに。これによって「常にふたが閉まっている」状態になりました。

そして試運転

無事に動けば良いと願いながら運転してみたところ、なんと今度は他のエラーが!もう脱水は自分でしようかと諦めかけましたが、またまた調べてみたところ「いたずら防止」という機能(いわゆるチャイルドロック)があり、これを設定すると無事に最後まで終了することが出来ました!

推測ですが、配線を繋いだことにより常にふたが閉まっていると認識されました。しかし実際にはプラスチックのレバーがふたは空いていると認識して、洗濯機が矛盾を抱えて進行をストップ。そこで最初から最後までずっとふたが閉まっていると設定して無事解決、と考えました。

具体的には洗濯物を投入→洗剤投下→ふたを閉める→チャイルドロックを設定→通常通り回す→終了後はふたを開ける前にロック解除。という流れで、エラーなど全く出なくなりました。

もしかして順序間違えた?

終わってから思いましたが、もしかしたら最初からチャイルドロックを設定していたら分解する必要が無かったのでは?と若干後悔しています。今更元に戻す気はありませんが、これから試みる方はもしかしたらチャイルドロックで脱水時に関わらず常にふたを閉めることが出来るので、効果があるかもしれません。前述の方法を試す前にチャイルドロックで改善するか試すことをオススメします。

合っていたと信じたい!

たぶん他に最良の選択肢はあったと思います(笑)。配線も単に綺麗にしただけで解決したかもしれません。ただ結果として無事に修理が完了し、無駄な出費をすることなく元に戻ったので良しとしています。もしこれから試される方は分解する前にチャイルドロックなどを設定してみてください。

ちなみにこの修理方法だと洗濯中にふたを開けることが出来ます。そして開けるとエラーが出ますが(ロック設定しているのに開いているから)、一度”一時停止”を押して”スタート”を押せば問題無く再開出来ます。

最後に、筆者は「どうせ壊れてもいいや」という考えでもって自分で修理をしました。買い替えて引き取ってもらうなら故障の有無など無関係ですから。なので、高級な洗濯機や症状が悪化しては困るという方は専門業者に修理を依頼した方が確実です。

そしてメーカーはこういう無駄な機能を付けて顧客に迷惑をかけるのは止めてもらいたい!結局は回転中に子供が開けないようにとか、安全のために設置されている機能だと思います。しかしほとんどの使用状況では不要な機能だし、そもそも使用者自身のミスを責任転嫁しているような機能が気に入らない!脱水中にふたを開けるなど一般常識が無いとしか言えないし、つまらないエラーを起こすような機能は必要ありません。

それはさて置き、万が一試される場合は自己責任でお願いします。たぶん誰も補償してくれませんので。要点としては常にふたが閉まっていると認識させることなので、機種が違う場合でも原因を考えれば解決方法が見つかるかもしれません。

やったことは単純で簡単なのに、素人なのでやたら時間だけ掛かった修理でした。参考までに。

※記事中で紹介しているサイトのリンクは切れていたので、ウェブ魚拓サービスよりページ情報を取得しました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする